レンズ内手ブレ補正機構で美脚とストッキングを捉える

手ブレの正体は、遅いシャッター速度にあります。

暗いシーンでは、カメラは必要な光量を取り込もうとするため シャッター速度が遅くなり…
シャッターが開いている時間が長いため、カメラのわずかな動きでも“手ブレ”として写真に反映してしまいます。

キヤノン独自のレンズ内手ブレ補正機構(IMAGE STABILIZER)を搭載した CANON EOS Kiss X50 のキットレンズは、レンズで手ブレを防ぐため、ファインダーをのぞきながら補正効果が確認可能。
ストレスなく撮影に集中できます。

●下の写真は、光量の足りない室内での手持ち撮影ですが、適切な手ブレ補正モードで美脚シーンを捉えています。

コメントは受け付けていません。