一夜を共にした美脚モデル 【後編】

待ちに待ったルームサービスを速攻で平らげ、少し気分が落ち着いた私は美脚モデルの彼女に断って、バスルームへ入り、

ゴージャスなアメニティーを眺めながら「これからどうする?」と呟き、期待と不安の入り混じった気持ちで狼狽えていました。

さて、いつまでもバスルームに閉じ込もっているわけにもいかず、度胸を決めて扉を開けた瞬間!

「アラララッ?」 彼女は灯りを消して、もうスヤスヤと寝ているではありませんか…

私は思わず力が抜けて、落胆と安堵が交錯した気持ちのまま、頭からベッドにもぐり込みました。

翌朝、ホテルにある日本料理のお店で、二人で和定食を味わった後、空港へ向かう彼女にお礼を言って別れました。

そして、私は勤務先へと向かい、ありふれた日常が リスタートしたのです。
【完】

コメントは受け付けていません。